選ぶ基準

最近核家族化など、さまざまな環境からか有料老人ホームを老後の住まいとして選ぶ方が増えてきたといいます。
昔は3世代が一緒の家で暮らしているという風景も身近なものでしたが、最近ではその風景もなかなか見れなくなってきて少しさみしく感じてしまいます。
とはいっても、これからの時代、自宅介護や有料老人ホームでサポートを受けたりして生活していくというスタイルが主流となりそうなので、今回は有料老人ホームとはどういうものなのか?
メリットや他の老後生活との比較などを視野に入れて進めていけたらとおもっております。

将来有料老人ホームへ入るかどうか?と言う前に、まず言えることは人は子供の頃から住んでいるような住み慣れた家や地域、環境に身を置いている方が安心できるものですよね。
特に年齢を重ねていくと「子供にかえっていく」と言われたりしますので、より環境の変化に敏感になってくるのかもしれません。
しかしながら、足腰が丈夫な間、自分のことは自分できちんとやっていられる間は何も問題ありませんが、人は年を重ねるごとに、特に足腰、ヒザなどが弱ってくると言います。
軟骨であったり、体内のグルコサミンなどの成分が減っていくというのが関係しているようです。
では、もしもそんな未来が来た場合、あなたならどういう選択をしますか?

Recommend Entry

どこを選ぶか

有料老人ホームは沢山存在していますが、人気の高い所では入居待ちも多いです。民間ではない、特別擁護老人ホームもありますので、どちらがいいかを選ばれるのが良いでしょう。

what's new

2013/05/11
どこを選ぶかを更新
2013/01/21
サポートの話を更新
2013/01/21
老人福祉法を更新
2013/01/21
例えばを更新
2013/01/21
選択肢の話を更新
2013/01/21
いろんな理由から選ばれている有料老人ホームを更新
2013/01/21
ホームページリニューアル